閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月22日 バンクーバー 片山弘行

米・豪:Cabot社、Global Advanced Metals社にスーパーメタル部門を売却

 Cabot Corp.(本社:米・ボストン。以下、Cabot社)は、2011年8月25日、同社のスーパーメタル部門をGlobal Advanced Metals Pty Ltd.(本社:豪・ウエストパース、以下GAM社)に4億US$で売却することに合意したと発表した。GAM社はCabot社のスーパーメタル部門がタンタル製品の製造に使用していたタンタル鉱石を供給しており、今回の買収により、GAM社はタンタル製品に関する垂直統合ビジネスモデルを構築することとなる。
 本買収は、規制当局の承認を条件として2011年中に完了する見込みであり、完了時点でGAM社はCabot社に対して1億7,500万US$を支払うとともに、買収した部門の将来の業績に基づく条件付き支払いを含む最低2億2,500万US$を2年間で支払うとしている。なお、本買収にCabot社が保有する加・マニトバ州のタンタル鉱山は含まれない。
 Cabot社のスーパーメタル部門は、米国ペンシルバニア州Boyertown及び日本の会津若松市に工場を有しており、タンタル精鉱及びスクラップを電子製品等に使用されているタンタル製品に加工している。また、GAM社は、西豪州Wodgina、Greenbushes両鉱山及びGreenbushes製錬所において五酸化タンタルを生産している。

ページトップへ