閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月25日 調査部 渡邉美和

中国:希土産業環境保護検査の手引書で8類の淘汰対象事項発表

 環境保護部で発表された「稀土産業環境保護検査の実施手引書」には以下の8類の、淘汰対象となる事項が明示された。

 ① イオン型希土鉱石のDump Leaching技術、 Bath Leaching技術
 ② モナザイトだけの単一鉱物開発プロジェクト
 ③ 希土塩化物電解の金属製造技術
 ④ アンモニアけん化希土の抽出分離技術
 ⑤ 電解用ふっ化希土の湿式生産技術
 ⑥ 鉱石処理量50万t/年以下の軽希土鉱山開発プロジェクト
 ⑦ 1,500 t(REO)/年以下のイオン型希土鉱山開発プロジェクト(2013年)、2,000 t
   (REO)/年以下の希土分離プロジェクト
 ⑧ 1,500 t(REO)/年以下、電解槽電流が5,000 Aより小、電流効率が85%より低の軽希土金属製錬プロジェクト

 環境保護部の関係者は、広い意味での希土企業の少なくとも三分の一の企業にこの影響が及ぶとみなしている。

ページトップへ