閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月29日 リマ 山内英生

エクアドル:エクアドル政府、鉱区入札を表明

 2011年8月18日付け地元紙等によると、非再生天然資源省のAuquilla鉱業副大臣は、政府が保有する28指定地区のうち10地区について、権益を譲渡するため、2011年末までに鉱区の国際入札を実施する予定であると発表した。
 現在、入札参加資格の審査の基準となる省令を準備中であり、参加者は探鉱開発や投資の実績、技術、財務状態、合法性などを評価して決定されることになる。
 入札には既に南アフリカ、カナダ、米国、ブラジルの企業などから参加表明を受けており、政府は、各鉱区につき約1億US$の探鉱投資を期待している。

ページトップへ