閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月29日 ロンドン 北野由佳

ザンビア:国営電力会社、電力不足のため鉱山会社に電力消費量削減を要請

 現地報道によると、ザンビアの国営電力供給会社ZESCOは2011年8月25日、南アから電力を輸入するための送電線(モザンビーク経由:400 KV)に不具合があり輸入電力量が制限されたことから、同国内で操業する鉱山会社等の大口需要家に対し、電力消費量を削減するよう要請した。ZESCOによると、電力不足を緩和するために別途モザンビークから95メガワット(MW)を輸入する準備が進められている。ザンビアの発電量は通常約1,400 MW、電力消費量は平均約800 MWであるが、家庭で暖房器具を使用するピーク時の電力消費量は1,500 MWにまで上昇するため、電力不足が問題となっている。

ページトップへ