閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年8月30日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:2011年7月銅生産量は前年同期比18%減

 チリ国家統計局(INE)が2011年7月の鉱業生産量を発表した。チリ国内の2011年7月銅生産量は373,498 tとなり、前年同月の455,269 tから18%減と大きく減少した。この減少は、Escondida鉱山で7月21日から2週間以上続いたストライキ及び第Ⅰ州と第Ⅱ州を襲った悪天候の影響によるものとINEは説明している。鉱業生産指数は銅生産量の減少により14.8%の減少となり、2003年以降最大の減少幅を記録した。モリブデンの生産量も対前年同月比7.8%減の3,050 tであった一方、金の生産量は同5%増の3,375 kgであった。

ページトップへ