閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2011年8月31日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:Anglo American、Rio鉄鉱石プロジェクトの進捗53%

 メディア報道によると、総工費50億US$でブラジルMinas Gerais州で進められている、Anglo AmericanのRio鉄鉱石プロジェクトの現在の進捗率は53%である。計画では、ペレット用高品位鉄鉱石を採掘し、525 km離れたAcu港(Rio de Janeiro州)までパイプラインで運ぶ。鉄鉱石年間年産能力は26.5百万tで、2012年Q2生産開始、2013年Q3にフル生産に移行する。
 Acu港は現在建設中であるが、その権益はAnglo American 49%、LLX Minas-Rioが51%保有している。Anglo Americanは、Rioプロジェクトを2007年にEBX社より買収した。Anglo Americanは、Minas Gerais州にAmapaプロジェクト(ペレット用鉄鉱石生産能力6百万t/年)の権益70%も保有している。

ページトップへ