閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月2日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:Escondida鉱山が17百万US$探鉱計画に関するEIAを提出

 メディア報道によると、Escondida鉱山(チリ第Ⅱ州)がPinta Verdeターゲットに計画している探鉱キャンペーンの環境影響評価書(EIA)をチリ環境省に提出した。Pinta VerdeターゲットはEscondida本鉱床から4 km北に位置する。これまでのボーリング探鉱により、地表付近の酸化鉱体の存在が確認されている。今回のEIAに関連するボーリング探鉱は、選鉱試験のための鉱石採取と経済性評価促進を目的としている。ボーリング探鉱の開始は2011年末前を計画しており、実施には19か月を要する予定である。

ページトップへ