閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2011年9月2日 サンティアゴ 縫部保徳

アルゼンチン:Río Coloradoプロジェクトの鉄道計画に関する公聴会を2011年10月に実施

メディア報道によると、アルゼンチンNeuquén州政府はRío Coloradoカリウム・プロジェクトの一部として同州内にValeが計画する鉄道建設(延長187 km)について議論する公聴会を2011年10月27日に開催する予定である。公聴会の目的は、プロジェクトの環境影響評価などに関して地元住民の懸念を示す場を設けることにある。鉄道はMendoza州のMalargüe鉱床からRío Negro州、Neuquén州を通ってBahía Blancaまで敷設される計画となっている。 Río Coloradoプロジェクトは投資額41億US$とされており、生産開始当初の生産能力は塩化カリウム240万t/年であるが、拡張により435万t/年まで増強される可能性がある。プロジェクトには350 kmの鉄道、Bahía Blancaの積出港、発電所の建設が含まれる。操業開始は2013年Q2が計画されており、マインライフは40年である。

ページトップへ