閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル マンガン
2011年9月5日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:マンガン生産者Buritirama社、決済をUSドル建てから、ユーロ、元建てへの変更を検討

 メディア報道によると、ブラジルのマンガン生産者Mineração Buritirama社は、現在米ドル建ての決済をユーロ建て、元建てに変えることを検討している。同社は、生産量の90%が中国を中心とする輸出向けとなっているが、経済危機による米ドル下落に危機感を持っている。同社はPara州でマンガン鉱石の採掘を行っているが、こうした状況から決済条件を変えると共に、付加価値をつけるためにPara州Bacarrena市に焙焼設備の建設も検討している。なおマンガン需要について同社幹部は、インド、中国の成長により先進国需要が落ち込んでも世界需要には影響しないとの見解を表明している。

ページトップへ