閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年9月10日 メキシコ 高木博康

メキシコ:加Primero社、San Dimas金・銀鉱山のストライキと金品位低下により、2011年生産計画を下方修正

 Primero Mining Corp.(本社:トロント)は、2011年生産計画を金換算生産量で当初計画の3.42~3.73 tから3.11~3.42 tへと下方修正した旨を2011年9月8日付け同社HPに公表した。
 同社がメキシコ・ドゥランゴ州に保有するSan Dimas金・銀鉱山において、ストライキにより2011年3月30日から4月30日まで生産が停止したこと及び金品位が低下したことが原因で、銀の生産量は当初計画通り140~156 t生産できる見通しであるが、金の生産量を当初計画の2.80~3.11 tから2.49~2.64 tに下方修正した。同鉱山の2010年の生産量は金2.66 t、銀140 tであった。
 また、同社は加Aurico Gold Inc.との合併を優先するため、同社との合併合意を破棄した加Northgate Minerals Corp.から、2011年8月に違約金として25百万C$(25.1百万US$)を受け取った旨明らかにした。

ページトップへ