閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月12日 リマ 山内英生

ペルー:Moquegua県政府、Anglo American、Southern Copperと交渉実施

 2011年9月5日付け地元紙等によると、Moquegua県政府のValdivia事務局長は、Quellaveco銅プロジェクト開発に関するAnglo Americanと同県自治体の対話協議が、Herreraエネルギー鉱山大臣の協議会への参加が確定しないことを理由に延期されたことを明らかにした。Anglo AmericanとMoquegua県政府は、既に8回にわたる協議を実施しているが、協議会への同大臣の出席を要請している。
 一方、同局長は、Moquegua県で10万人の住民がSouthern Copper社によるCSRの実現を求める抗議デモを行った結果、同社は県内の全ての自治体と協議することで合意したことを明らかにした。同局長によれば、Souhthern Cooper社は8月16日に、貯水池、下水処理場、公立学校へのPC設置等に必要な資金を提供することを約束する書面に署名したことから、協議はこの書面をベースに行われる見通しとなっている。

ページトップへ