閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年9月12日 モスクワ 大木雅文

ロシア:Norilsk、ザバイカル地方で官民パートナーシップ銅・モリブデンプロジェクトを継続

 2011年9月6日現地報道によると、Norilsk Nickel(ノリリスク・ニッケル、以下Norilsk)は、ザバイカル地方の鉱物資源開発の官民パートナーシップ総合プロジェクトとして、年内にナルィン-1(ボルジャ)~ガジムル工場間(223 ㎞)の鉄道建設に74億ルーブル(約2.4憶US$)を投入し、2012年に建設完了予定である。
 また、ブイストリンスコエ銅鉱床の鉱石を処理する選鉱場が現在設計中で、2012年Q1に設計が完了する見込みである。併せてブグダインスコエ・モリブデン鉱床の鉱石を処理する選鉱場の設計責任者の選定が行われている。全作業が計画通りに進行しており、両鉱床の鉱石を対象とする選鉱場は2012~2013年に建設を開始し、2015~2016年に操業を開始する予定である。
 これらプロジェクトは、ロシア連邦投資基金とNorilskによる官民パートナーシップの枠組みで実施される投資プロジェクトで、投資総額は1,045億9,700万ルーブル(約33億3,200万US$)、同社による資金は800億ルーブル(約25億4,800万US$)を超え、うち723億5,800万ルーブル(約23億US$)が両鉱床の開発、80億6,000万ルーブル(約2億5,700万US$)が鉄道建設に充てられる。同基金は鉄道建設に241億8,000万ルーブル(約7億7,000万US$)を投資する。
 プロジェクトの年間生産量は、ブイストリンスコエ鉱床関連で銅6万2,000 t、金6.3 t、鉄鉱石211万3,000 t、ブグダインスコエ鉱床関連でモリブデン精鉱9,800 tを見込んでいる。

ページトップへ