閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月13日 シドニー 栗原政臣

豪:CYU、Rio Tintoと共同でチリでの探査を実施

 2011年9月8日、雲南銅業株式有限公司傘下のChinalco Yunnan Copper Resources(本社:豪Brisbane、以下CYU)は、チリ子会社のChina Yunnan Copper Australia Chile LimitadaがRio Tintoのチリ子会社Rio Tinto Mining and Exploration Chileとファームイン契約を締結したと発表した。本契約はチリ北部のCandelabroポーフィリー型銅鉱床(BHP Billiton所有Cerro Colorado鉱山北方60 km)の探査を対象としている。
 初年度の最低支出額は25万US$で、総額8百万US$(5,000 mの試錐を含む)を支出することによってCYUは40%の権益を取得する。その時点でRio Tintoにはプロジェクトのマネジメントを再開するか、さらにCYUの3年間15百万US$の支出で20%(計60%)を選択するかのオプションを90日間の期限付で与えられる。Rio Tintoがマネジメントを選択した場合には、JV会社が形成される。

ページトップへ