閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年9月13日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:CODELCOの2011年H1剰余金は前年同期比70%増の39.1億US$

 CODELCOの2011年H1剰余金が前年同期の23.1億US$から70%増加し、39.1億US$に達した。剰余金は法令No.13.196による国庫納入金(防衛税)、所得税、鉱業ロイヤルティ、純利益を含む。この利益増は銅価格及びモリブデン価格の高騰、生産量増、キャッシュコスト低減、CODELCOが株式の40%を保有していたE-CL株の売却によるものである。E-CL株の売却額は10億US$に達し、売却資金の全てを2011年投資計画(32億US$)に割り当てることをCODELCOは認められている。
 2011年H1の平均銅価格は4.263 US$/lb、平均モリブデン価格は37.5 US$/kgとそれぞれ前年同期比31.8%、及び5%上昇した。CODELCOが49%の権益を保有するEl Abra鉱山からの生産を除いた2011年H1銅生産量は818千tで前年同期比2.4%増となった。モリブデンの生産量は12千tで同33%増である。トータルコストは2.109 US$/lbで同18%増となったが、これは労働協約の締結、退職プランの実行及び米ドルに対するチリペソ高に起因する。一方で、モリブデン、アノードスライム、硫酸といった副産物価格の上昇により、キャッシュコストは1.048 US$/lbと同1.2%減となった。
 CODELCO各事業所の2011年H1銅生産量は下表のとおりである。

表.CODELCO各事業所の2011年H1銅生産量

事業所 銅生産量(千t) 対前年同期比(%) 備考
Chuquicamata 206 -21.1  
Radomiro Tomic 230 29.2  
Salvador 35 -2.8  
Andina 113 48.7 拡張プロジェクト(phase I)の立ち上げ
El Teniente 182 -3.2 請負労働者ストライキの影響(2011年6月~7月)
Gaby 52 -11.9  
ページトップへ