閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月14日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:下院が高地での作業への規制を政府に要求

 メディア報道によると、チリ下院は鉱業に関する高地での作業を規制する基準作成を求めることを決議した。急進社会民主党のMarcos Espinos下院議員はこの決議の目的について、「高地で作業を行う鉱山労働者のための規制がない現行労働法を正すことが目的である。高地で働く鉱山労働者には健康リスクを回避する特別な規則がなく、安全基準も確立されていない」とコメントした。同時に下院は、海抜4,500 m以上の場所で働くことによる健康への影響調査を保健省及び労働社会保障省に求めることも決議した。

ページトップへ