閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2011年9月19日 バンクーバー 片山弘行

加:Galaxy社、James Bayペグマタイト型リチウムプロジェクトの経済性評価を開始

 Lithium One Inc.(本社:バンクーバー、以下Lithium One社)は2011年9月13日、同社がカナダ・ケベック州に保有するJames Bayペグマタイト型リチウムプロジェクトについて、JVパートナーであるGalaxy Resources Ltd.(本社:豪・ウエストパース、以下Galaxy社)が包括的経済性評価(以下DFS)を開始したと発表した。
 Galaxy社は、2011年2月15日にLithium One社とJames Bayプロジェクトに関して3百万C$で当該権益の20%、24か月以内のDFS完成で最大70%を取得できるJV契約を締結している。
 James Bayリチウムプロジェクトは、ケベック州に位置するペグマタイト型リチウム案件であり、NI43-101準拠の概測資源量は11.75百万t(平均品位Li2O 1.30%)、予測資源量は10.47百万t(平均品位Li2O 1.20%)(いずれもカットオフ品位Li2O 0.75%)である。

ページトップへ