閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月19日 バンクーバー 大北博紀

加:Hathor社、Camecoの敵対的買収オファーを拒絶

 Hathor Exploration Ltd. (本社:バンクーバー、以下Hathor社) は2011年9月14日、Cameco (本社:サスカトゥーン) が同年8月26日に提示した5.2億C$の敵対的買収オファーを拒絶するように自社株主に勧めた。
 Hathor社の特別委員会が検討した結果、このオファーが同社資産であるRoughriderウラン鉱床のプレ経済評価結果 (同年9月13日公表、Far East Zoneを除くWest及びEast Zoneの評価結果:税引前収益10億C$/年、U3O8生産量500万lb(2,268 t)/年、マインライフ11年) の公表前のものであること、また、福島原発事故以降ウラン価格やウラン会社の株式価格が下落しているタイミングを狙ったオファーであること等を理由として、株主に買収オファーの拒絶を勧めた。
 このような反応に対してCamecoは、同日コメントを公表した。同社CEOのTim Gitzel氏は「当社のアサバスカ盆地における探鉱とプロジェクト運営経験に基づくと、Hathor社のプレ経済評価結果は費用が安く見積もられている。予定表、開発リスクは推測であり、Roughriderウラン鉱床及びHathor社の価値を誇張している。」と述べている。
 Camecoはオファーを変更する計画は無いとして、対立の構えを見せている。

ページトップへ