閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年9月19日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:Grasberg銅・金鉱山、2011年9月15日からストライキを決行

 2011年9月16日の各社報道によれば、9月15日、インドネシアGrasberg銅・金鉱山の労働組合は、賃上げを巡る労使交渉が決裂したため、ストライキを決行した模様。事前の予告では、1か月間のストライキとなる。また、鉱石積出のAmamapare港の労働者もこのストライキに加わり、鉱石の積出作業も停止状態となっている模様。この事態を重く見たDarwinエネルギー鉱物資源相は事態打開を探るため、現地に乗り出した。
 エネルギー鉱物資源省によれば、今回のストライキにより23万t/日の鉱石生産が影響を受け、国家収入に対し670万US$/日の損失を及ぼすものとしている。今回のストライキを巡るこれまでの賃上げ交渉においては、労働者側は賃上げ要求を当初の時間給30~200 US$から、17.5~43 US$に引き下げたものの、鉱山側は今後2年間で賃金の22%増、ボーナスの増額などの回答に留まり、平行線が続いていた。

ページトップへ