閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月20日 シドニー 原田富雄

豪:連邦政府、炭素税関連18法案を議会に提出

 2011年9月13日、連邦政府は2012年7月1日から導入する炭素税に関連する18法案を議会に提出した。炭素価格は、導入当初23 A$/tを予定(注:炭素価格関連法案は10月上旬に上程の予定)しており、3年後を目処に炭素価格の自由化と、排出権取引制度の導入を目指す。
 炭素税導入に伴い最終製品への価格転嫁が予定される企業については、公正取引委員会に相当する豪州競争消費者委員会(ACCC)に報告を義務付け、虚偽報告をした場合は6万A$の罰金を課す。また、ACCCには調査費用として12.8百万A$の予算を充当する。

ページトップへ