閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月20日 シドニー 原田富雄

豪:Rio Tinto、Weipaボーキサイト鉱山拡張に環境問題発生

 Rio TintoがQLD州Cape Yorkで操業するWeipaボーキサイト鉱山拡張に対して環境保護の動きが持ち上がっている。同社は900百万A$を投じて50百万t/年(16.3百万t/2009年)に生産量を拡張する計画で現在FSを実施中であるが、近郊において新種の蟹の生息が確認されたことから、Burke連邦環境大臣は、3万haに及ぶ未開地や河川が影響を受ける可能性があるとの見解を述べている。これに対してRio Tintoは、鉱山拡張はこうした生物を含め環境への影響はないとのコメントを発表した。

ページトップへ