閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2011年9月21日 調査部 渡邉美和

中国:中国・台湾間の再生非鉄金属産業の交流と協力、新たなステップへ

 2011年9月1日~10日、中国有色金属工業協会再生金属分会の馬鴻昌副秘書長を団長とする訪問団10人が台湾を訪問した。今回の訪台は中国有色金属工業協会再生金属分会としては初の台湾の再生非鉄金属及び廃棄電子・電気製品回収の分野との交流であり、中台間の再生非鉄金属産業の交流と協力について新たなステップとなった。台湾側は、台湾混合廃五金輸出発展協会が窓口となり、訪問団は、佛力企業股份有限公司、緑電再生股份有限公司、金益鼎企業集団、正合興重工業股份有限公司などを訪問、台湾の回收廃棄電子・電気製品分野での先進技術や回収政策、環境保護管理体制、廃棄金属回収利用に関わる先進技術などを見学し成果を得た。
 台湾側から寄せられた大陸へ向けた輸出に際しての困難や問題について、中国側は更に広範に意見を交わす機会を希望し、中国有色金属工業協会が政府に道筋をつけ、産業政策に結び付けることで速やかな発展が図られるなどを表明した。また、両協会は、2012年9月に厦門で「海峡両岸廃金属廃棄電子電器回収サミット」を共催することで一致し、中台間の廃金属廃棄電子電器回収利用分野での交流と協力をより促進することになった。又、再生金属については、2011年11月に広州で開催される再生金属国際フォーラムの席上でも関連政府部門も含め交流と検討を進めることになった。

ページトップへ