閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月23日 メキシコ 高木博康

メキシコ:加Impact社、2011年10月にCapire多金属プロジェクトの環境影響評価報告書認可取得の見通し

 9月21日付け業界紙等によると、Impact Silver Corp.(本社:バンクーバー)は、メキシコ・ゲレロ州に保有するCapire多金属プロジェクトの環境影響評価報告書の認可を2011年10月に取得できる見通しである旨を明らかにした。
 同プロジェクトの概測・精測資源量は、4.9百万t(平均品位、銀45.7 g/t、金0.19 g/t、鉛0.34%、亜鉛0.88%及び銅0.06%)と評価されている。当面は、200 t/日のパイロット選鉱プラントにより操業し、将来的には2,000 t/日の選鉱プラントを建設する予定である。同社は、2011年2月に環境影響評価報告書を当局に提出しており、通常は6~8か月間で認可されるが、認可を取得次第、開発工事に着手するとしている。
 同社は、他にメキシコ・メキシコ州において3の小規模鉱山から成るRoyal Mines of Zacuaipan鉱山を操業している。

ページトップへ