閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月25日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:Minas Gerais州新鉱業税導入

 ブラジルの鉱業活動の約半分を占めるMinas Gerais州は、新鉱業税の導入のための新法案を議会で審議する。
 新鉱業税はMineral Resources Inspection Fee(TFRM)と呼ばれ、州外、国外に販売・輸出される鉱物資源に課税されるもので、法案では開発鉱物1 t当たり2.1813レアル(約1.36 US$)となっている。ブラジルでは現在連邦政府が新鉱業法改正の中でロイヤルティ引き上げを検討しており、Minas Gerais州政府はこれまで新税導入については否定していた。新税は、鉱物資源の州内での付加価値を高めることを目的とするとともに、その歳入は主に鉱業活動にかかる環境保全事業、モニタリングに使われる計画である。

ページトップへ