閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月27日 シドニー 原田富雄

豪:Ferguson資源大臣、WA州と中国国家発展改革委員会とのMOUを批判

 2011年9月23日、北京で開催されている「炭素隔離リーダーシップ・フォーラム」に参加しているFerguson豪州連邦資源エネルギー大臣は、WA州のBarnett州首相と中国国家発展改革員会(以下、「発改」)との間で前週に締結されたMOUに関し、資源エネルギー分野における外国投資については州政府も「Team Australia」の一員として連邦政府と歩調を合わせるべきとして批判したと地元紙が伝えている。その理由として、2012年7月1日から導入が予定される鉱物使用資源税(MRRT)に両者が反対しているためと言われている。今回の措置は、WA州政府が連邦政府の頭越しに発改にMOUを締結したことに対して牽制したものと考えられる。

ページトップへ