閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月28日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:政府がウラン資源登録台帳作成のための調査を開始

 メディア報道によると、チリ政府は同国のウラン資源登録台帳作成を検討するための調査を開始した。これは、2011年6月に下院で承認されたウラン資源登録台帳作成要求に応えたもので、政府はチリ原子力委員会(CCHEN)に登録台帳作成の際に必要なすべての情報を収集するよう依頼している。下院はチリ国内のウラン資源に関する包括的レポートを作成し、ウラン鉱業権のための特別法制定の可能性を評価することを目的として調査を推進している。ウラン資源に関する既往調査はCCHENにより40年前に実施された。その際には開発に十分なウラン資源は賦存しないと結論されている。

ページトップへ