閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年9月28日 モスクワ 大木雅文

カザフスタン:レアアース・プロジェクトでフランスと協力

 2011年9月21日付け現地報道によると、カザフスタン国営原子力会社Kazatompromは、ナザルバエフ大統領のフランス訪問に際し、BRGM(フランス地質調査所)及びEuropean Company for Strategic Intelligence(CEIS)と戦略的パートナーシップ協定に調印した。
 Kazatompromの発表では、「この協定は、科学的知識の拡大とカザフスタンの産業育成に向けた企業方針の一環としてKazatompromが発案したものである。」としており、この協定の下、Kazatomprom、BRGM、CEISは、レアメタル及びレアアースに関し、その地質学と鉱床成因論、採鉱技術開発、ウランを含む分析方法の開発と認証、人材の教育と育成、鉱業プロジェクト及び加工プロセスに関するプレFSの作成などで協力を行うとしている。
 また同社は、「カザフスタンにとって、レアアース鉱床の開発とその生産は産業技術発展の新分野であり、これによりハイテク産業が生み出され、成長する世界のレアアース市場でしかるべきポジションを占めることが可能となる」と強調している。

ページトップへ