閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニオブ
2011年10月3日 ロンドン 小嶋吉広

マラウィ:Kanyikaニオブ・プロジェクト、2014年Q1生産開始予定

 メディア報道によると、Globe Metals & Mining(本社:豪パース)が探鉱中のKanyikaニオブ・プロジェクトは、2012年Q3にDefinitive F/Sが終了し、2014年Q1に生産開始の予定である。同社株式の53.7%は中国国営企業である有色金属華東地質勘査局(East China Mineral Exploration & Development Bureau)が保有している。
 同プロジェクトの精測及び概測資源量は76,000 t(ニオブ量)、生産開始時の年産は3,000 t(世界全体の生産量の約4%に相当)を予定している。現在のニオブ価格に基づいた推計によると、操業開始後の年間売上高は170百万US$と見込まれ、開発費用(155百万US$)は操業開始後3年で回収できる見込みである。

ページトップへ