閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年10月10日 リマ 山内英生

ペルー:政府、Madre de Dios県へのアクセスの管理を発表

 2011年10月4日付け地元紙等によると、Madre de Dios県内における違法鉱業の活発化、それに伴う人身売買や燃料・重機密輸等の犯罪が拡大していることへの対応策として、内務省は、同県への車両や人のアクセスの管理を目的とした警察隊の常駐所を太平洋-大西洋横断道路に設置し、Tambopata自然保護地区の保全に当たると発表した。
 同省によると、最初の常駐所はMadre de Dios県とその他のペルー各県を結ぶポイントとなっているMazuko村となる予定で、同省以外にも税務署、エネルギー鉱業投資監督庁(OSINERGMIN)、税関、市民オンブズマン等複数のセクターより構成される常駐所となる計画である。

ページトップへ