閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2011年10月10日 ロンドン 北野由佳

DRCコンゴ:中国政府鉄道改修への出資に遅れ、鉱山会社に補てん出資を要請

 各社の報道によると、DRCコンゴの国営鉄道会社SNCCは、老朽化している同国の鉄道改修計画に対して中国政府が出資する予定であった2億$の調達に遅れが生じているため、鉱山会社に対して鉄道改修計画に必要な費用の不足額を補てんするように要請している。同鉄道改修計画は、世界銀行、中国政府及びDRCコンゴ政府が2011年5月に開始したもので、4年以内に老朽化している国内の鉄道網を改修する予定であったが、何らかの理由で中国政府からの出資が遅延している。
 SNCCは、鉱山会社が同計画に出資した場合、改修された鉄道網を用いて銅やコバルトといった鉱物を運搬する際の料金を割り引くことにより、出資額を返済すると提案している。SNCCは、同計画への出資に関してDRCコンゴ政府が鉱山会社と既に2度話し合いを行っていることを明らかにした。

ページトップへ