閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年10月11日 シドニー 栗原政臣

豪:北部準州は東アジアとの関係を強調

 2011年10月6日、豪州北部準州Kon Vatskalis資源大臣はダーウィンで開かれたMining the Territoryで講演し、10月上旬には北部準州のミッションが中国、日本及び韓国を訪問すること及び東アジアとの関係を強調した。Vatskalis大臣は、北部準州経済の25%は資源・エネルギー部門が占め最大の貢献をしているとした。また、2010/11年の探鉱費は前年比約30%増の195.3百万A$となり、さらにそのうちグリーンフィールドへの探鉱費が約60%を占めていると述べ、豪州全体のグリーンフィールドへの探鉱費の占める割合35~40%と比較して北部準州の探鉱ポテンシャルの高さを強調した。

ページトップへ