閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2011年10月14日 調査部 渡邉美和

中国:亜鉛製錬企業、2011年9月稼働率低下、最近30カ月で最低

 現地メディアの報道では、中国の亜鉛製錬企業の2011年9月の平均稼働率は67.16%となり、8月の72.41%と比較して5.25ポイント下落、2009年3月からの30か月で最低値となった。この調査は42企業について集計されたもので、亜鉛の生産能力からみると85%の企業をカバーしている。9月の生産量は29.3万tで、8月の31.59万tから7.2%減少した。
 年産能力ごとの分類による稼働率等は以下の通り。
 ・20万t/年以上の生産能力の大型企業6社
  8月:73.60%、12.45万t生産 → 9月:72.41%、12.25万t生産
 ・10~20万t/年の企業
  9月:71.37%、前月比7.3ポイント減
 ・10万t/年未満の生産能力の小型企業
  9月:49.52%、前月比8.8ポイント減

ページトップへ