閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年10月15日 メキシコ 高木博康

メキシコ:Fresnillo社、2011年Q3生産実績-銀が減産、金生産は過去最大

 Peñolesの貴金属部門子会社(同社権益77.1%)であるFresnillo plc.(本社:ロンドン)は、2011年Q3の生産実績を2011年10月12日付け同社HPに下表のとおり発表した。同社の操業鉱山はFresnillo銀鉱山(サカテカス州)、Cienega金鉱山(ドゥランゴ州)、Herradura金鉱山(ソノラ州)、Soledad-Dipolos金鉱山(ソノラ州)及びSaucito多金属鉱山(サカテカス州)である。
 銀の減産は、Fresnillo銀鉱山の高品位鉱脈において、雨期の浸透水による崩落を防ぐための保安対策(充填作業)を実施したため、同鉱山の銀の生産量が前年同期比で29%減、81 t減の200 tに留まったことに因る。一方、金の生産増加の要因としては、2011年4月にSaucito多金属鉱山が商業生産を開始したこと及び2010年1月に商業生産を開始したSoledad-Dipolos金鉱山等の金生産量が増加しことが挙げられる。
 なお、同社は銀の生産量は世界一、また金の生産量はメキシコにおいて第2位である。

  2011年Q3 2010年Q3 前年同月比(%) 2011年Q2
銀(t) 313 332 -6 354
金(kg) 3,725 2,856 +30 3,424
鉛(t) 5,340 4,797 +11 5,357
亜鉛(t) 5,751 5,842 -2 5,565
ページトップへ