閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年10月17日 ロンドン 北野由佳

南ア:DMR新事務局長にCGS前所長Ramontja氏を任命

 2011年10月13日、閣議決定により南アの鉱物資源省(DMR)の新事務局長(Director General:事務次官に相当)に、南ア地質調査所(CGS)の所長を務めていたDr.Thibedi Ramontja氏が任命された。前任のSandile Nogxina 氏は2011年6月末に辞任し、現在はShabangu鉱物資源大臣の特別顧問を務めている。Ramontja氏は、DMRの前身にあたる鉱業・エネルギー省(DME)に勤めた経験があり、鉱業憲章改正や高付加価値化政策の策定といった鉱業関連の重要な政策変更が予定されている今の時期に適切な人物であるとの期待が寄せられている。Shabangu鉱物資源大臣は「Ramontja氏のような素晴らしい資格と経験の持ち主がDMRに新たに加わり、DMRは将来の大きな課題に取り組んでいく準備が整った。」とコメントした。

ページトップへ