閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年10月24日 ロンドン 北野由佳

ザンビア:汚職一掃のため鉱業権の見直しを実施、鉱業権の新規発行は一時停止

 報道によれば、ザンビアでは、Sata新政権下での鉱業行政見直しの動きが続いている。Wylbur Simuusa鉱山・鉱物開発大臣は2011年10月20日、過去数年間に付与された鉱業権の見直しを行うため、鉱業権の新規発行、更新及び譲渡を一時停止すると発表した。同国の鉱業における汚職を一掃することが目的とされており、監査が完了するまでは鉱業権の発行は行われない。Simuusa大臣は「鉱山・鉱物開発省は、別途通知があるまでの間、鉱業権の新規発行、更新及び譲渡を直ちに停止し、既存の鉱業権の見直し及びレビューを行う。」とコメントした。また同相によると、同国政府は鉱業権申請のデータベース化を目指しており、既にそのための準備を始めている。

ページトップへ