閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2011年10月24日 ジャカルタ 高橋健一

フィリピン:Taganitoニッケル鉱山襲撃による製錬プラント建設への影響は2か月程度の遅れに留まる

 2011年10月18日の各社報道によれば、Nickel Asia Corporatinは、10月3日に発生した共産ゲリラ武装勢力による鉱山襲撃の影響により、2013年半ばに予定しているニッケル製錬プラントの完成に2か月程度の遅れが生じる見込みであることを明らかにした。この襲撃事件による設備機器の損害額は7千万US$相当になるとしているが、建設中のプラントなどへの重大な損害はないものとしており、同社は、被害は予想より大きなものではなく、2か月の遅延は最小限の被害に留まっていると捉えている。なお、同鉱山の操業も事件の2日後には再開している。

ページトップへ