閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年10月25日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:Chuquicamata事業所管理職組合が労働協約交渉を開始

 メディア報道によると、CODELCOのChuquicamata事業所(チリ第Ⅱ州)管理職組合が経営陣との労働協約交渉を開始した。管理職組合のDuncan Araya委員長によると、労働協約交渉は組合から経営陣への要求提出により既に開始されており、要求への回答期限は2011年11月7日である。要求の中で管理職組合側は、過酷労働区域での労働条件関連手当ての改善、新規の教育・健康手当て、賃金5.5%アップ等を求めている。
 Chuquicamata事業所の前身CODELCO Norte事業所では、2010年初頭に労組との労働協約交渉決裂により2日間のストライキが発生している。また、Chuquicamata事業所管理職組合は2011年5月に新退職プランに抗議し、1時間ストライキを実施している。

ページトップへ