閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2011年10月31日 ロンドン 北野由佳

ギニア:Bellzone Mining社とAnglo Aluminum社、港湾・鉄道インフラ利用に関する覚書に署名

 Bellzone Mining社(本社:豪州パース)は2011年10月24日、同社が100%の権益を有するギニアのKalia鉄鉱石プロジェクトのために中国国際基金有限公司(CIF)が建設中の港湾施設及び鉄道へのAnglo Aluminum社(本社:加Kamloops)による利用を許可する覚書に署名した。本覚書の締結によりAnglo Aluminum社は、第三者商業利用者(third party commercial user)としてMatakan港及び鉄道施設を利用することが可能となり、大規模なボーキサイト鉱床があるとされるMamou-Dalaba探鉱プロジェクトの開発がより現実的となる。年間貨物輸送量3億tの鉄道及びMatakan港の建設に関わる詳細FSは2012年Q1に終了予定であり、Kalia鉄鉱石プロジェクトは2014年に生産開始を予定している。

ページトップへ