閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年11月3日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:2011年1月~9月の銅生産量は前年同期比4.5%減

 チリ国家統計局(INE)の発表によると、チリの2011年1月~9月の銅生産量は382万tとなり、前年同期の400万tに比べ4.5%減少した。9月だけを見ると、銅生産量は436,743 tで前年同月比1.9%減であった。チリの2011年の銅生産量は前年を下回る傾向が続いているものの、8月の8.7%減に比べれば緩やかになっている。
 INEは生産減の原因は鉱石品位の低下にあるとしている。銅カソードの生産量は前年同月比3.4%減の211,712 t、銅精鉱中の銅金属量も同3.4%減の197,569 tであった。9月のモリブデン生産量は前年同月比4.9%減の3,339 tであった。

ページトップへ