閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年11月4日 調査部 渡邉美和

中国:四川江銅稀土、2千t/年の希土類金属生産ライン竣工生産開始

 現地紙の報道では、2011年10月10日、四川江銅稀土の2千t/年の希土類金属生産ラインが竣工し生産開始となった。このプロジェクトは国内で信頼性があり先進的なプロシオジム-ネオジム金属の研究開発技術などを導入した「10kA省エネ型フッ化物システム希土熔塩電解槽」の電解設備を採用し、これまでと比べて15%前後の省エネや50%の電解槽寿命延長を果たしているとのことである。
 2010年8月に設計委託が開始され、2011年3月に完成し試験運転を行ってきた。この結果、2011年10月に設計生産能力に到達し、検収され生産開始となった。江西銅業集団は2008年6月に四川省で希土類鉱山を取得し、既に生産プロジェクトを立ち上げているが、今回の設備稼働は希土類鉱山-希土類酸化物-金属電解-加工の希土類製造一貫ラインとして大きな意義を持つと報じられている。

ページトップへ