閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年11月7日 メキシコ 高木博康

メキシコ:Minera Frisco、2011年Q3は鉱山操業外の損失により純益61%減の11.5百万US$

 Grupo Carsoの鉱業部門子会社であるMinera Friscoは、2011年Q3の業績及び金属生産量を下表のとおり、2011年10月31日付け同社HPに発表した。同社は、金属価格の上昇と貴金属及び金、銅等の生産増加により、前年同期比13%増の2,185百万Peso(161.9百万US$)の売上高を記録したものの、金属先物取引の損失等によるファイナンシャル・コストの増大により、純利益は前年同期比61%減の155百万Peso(11.5百万US$)となった。
 同社は、2011年1月にメキシコ株式市場に上場し、メキシコにおいてEl Cornel金・銀鉱山、Acientos多金属鉱山、San Francisco de Oro多金属鉱山、Maria銅鉱山、San Felipe金・銀鉱山及びTayahua多金属鉱山の6鉱山を操業している。

(百万Peso) 2011年Q3 2010年Q3 前年同期比(%)
売上高 2,185 1,933 +13
営業利益 935 866 +8
EBITDA 1,109 976 +14
当期純利益 155 400 -61

  2011年Q3 2010年Q3 前年同期比(%)
金(kg) 1,892 1,729 +9
銀(kg) 40,277 45,023 -11
銅(t) 5,465 4,612 +18
亜鉛(t) 20,249 23,689 -15
鉛(t) 5,212 4,780 +9
ページトップへ