閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年11月7日 モスクワ 大木雅文

ロシア:ウドカン銅鉱床の開発進捗

 2011年10月21日付け現地報道によると、シベリア連邦管区のトロコンスキー大統領全権代表は10月21日、ウドカン銅鉱床が所在するブリヤート共和国と隣接するザバイカリエ地方の投資プロジェクト実施に関する調整協議会をチタで開催した。この中でバイカル鉱山会社のワリチェフ社長が北ザバイカリエの総合発展プロジェクトについて会議参加者に報告した。2011年に地質調査、産業・社会インフラ施設の設計が行われている。ウドカン銅鉱床プロジェクトはメタロインヴェスト・グル―プが実施しており、そのためにバイカル鉱山会社が2008年に設立された。鉱山付近に建設される鉱工業コンプレックスでは年間3,600万tの鉱石が処理される予定で、工場の生産能力は銅カソード約47.4万t/年となる。
 トロコンスキー大統領全権代表は、「本プロジェクトの実施には巨額の投資が必要だ。さらに投資家を誘致し、明確なビジネスプランを作成しないと立ち行かない」と述べ、また外国企業誘致の可能性を検討する必要があるとしている。同代表は、「ウドカン銅鉱床開発プロジェクトは、ロシア経済の多くの部門の発展、ザバイカリエ地方の巨大な領土のいずれにとっても戦略的意義を持っている。」と強調した。また地方政府に対し、同プロジェクトの進捗に対する特別な管理を求めた。

ページトップへ