閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年11月7日 ロンドン 北野由佳

英:歳入関税庁、コモデティ・トレーダーの脱税を調査へ

 英国歳入関税庁(HMRC:HM Revenue & Customs)は2011年10月31日、個人資産家によって脱税及び租税回避が行われている分野を特定するための新しいプログラムの一環として、コモデティ・トレーダーの調査を2012年春から行うと発表した。同プログラムで最初に調査対象となっているのは海外資産で、個人資産家が海外に所有する土地及び不動産を調査人及び専門家ら200名から構成されるチームが綿密に調査することになっている。コモデティ・トレーダー及びオフショア口座を所有する個人も同プログラムの調査対象に含まれる予定であるが、詳細は今後発表される。財務省副大臣のDavid Gauke議員は「英国政府は経済のあらゆる分野における脱税及び租税回避の問題に真剣に取り組んでいく。」とコメントした。

ページトップへ