閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル
2011年11月7日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:錫生産各社、錫輸出停止を2011年末まで継続する方針

 2011年11月3日の各社報道によれば、インドネシアの錫生産・輸出企業は、10月1日から実施している錫地金の輸出停止を2011年末まで延長する方針を示した。インドネシアのバンカ・ブリトゥン州で政府に登録された錫生産・輸出企業は32社あるが、10月28日、そのうちの15社が錫輸出停止を2011年末まで又は25,000 US$/tに錫価格が上昇するまで延長することに合意した。その後、現在まで計25社がこれに同調し、この中には国営のPT Timahや大手PT Kobaも含まれている。
 ただし、国営PT Timahは、錫輸出停止以前に契約した長期契約者向けに対しては、引き続き輸出を継続するとしていて、今回輸出停止の対象となるのはスポット契約で、同社の生産量の約6割がこれに当たるとしている。また、バンカ・ブリトゥン州知事の話では、同州にLMEとは独立した錫取引市場を開設することが検討され、既に23社がこれに賛同し、今後中央政府に検討を要請するとしている。

ページトップへ