閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年11月8日 シドニー 栗原政臣

豪:海外労働者、鉱山セクターへ

 2011年11月7日付け地元紙等によれば、港湾、鉄道、鉱山、道路及び都市施設建設等、7億A$に及ぶ社会基盤整備のボトルネックを解消するために豪州ギラード政権が掲げる「Enterprise Migration Agreement(EMA)」スキームのもと、2012年、豪州では数千人の海外労働者が臨時雇用される。EMAプログラムによる最初の入国は2012年4月12日と予定されており、中国等他国の会社を含む鉱山会社は既に参加申請を提出し、政府高官と議論を持っている。

ページトップへ