閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年11月14日 北京 土居正典

中国:国土資源部、レアアース他国家保護性資源採掘総量規制継続の方針

 現地報道によると、国土資源部汪民副部長は、「今後も、国家保護性資源の採掘総量規制、環境汚染管理監督等の政策を継続的に実施し、リン鉱など地域的資源の区域連携監督管理行動を推進する」と語った。また、「2005年以降、鉄、銅、ボーキサイト等の6,574鉱区の統合を完了し、鉱山数は2005年12.7万箇所から2010年には11.2%減の11.3万箇所に減少した。現在、中国国内で発行している探査権は4万件、採掘権は11万件である。」ことを明らかにした。

ページトップへ