閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
パラジウム レアメタル
2011年11月15日 ロンドン 北野由佳

英:Johnson Matthey社、パラジウムの需給分析を発表

 英国の貴金属製錬・加工大手Johnson Matthey社(本社:ロンドン)は2011年11月15日、2011年のパラジウムの需給の中間予測と2012年の見通しを発表した。
 2011年のパラジウムの需給については、供給は対前年比0.9%増の742万oz(約230 t)、総需要(中古品回収を含む)は同8.7%減889万oz(約276 t)、需給バランスは前年の53万oz(約16 t)の供給不足から72.5万oz(約22 t)の供給過剰に転じると分析した。供給面を国別にみると南アは対前年比1.1%減と微減、ロシアの鉱山生産量は前年とほぼ同程度、ロシアの国家在庫売却分は同25減%の75万oz(約23 t)となると予想した。一方、北米は対前年比60.1%増、ジンバブエでは同18.2%増となる見通しである。需要面を用途別にみると、自動車触媒用の需要が対前年比6%増の591.5万oz(約183 t)、工業用が同7.3%増の264.5万oz(約82 t)に増加する一方、宝飾用の需要はパラジウム価格の上昇に伴い中国での需要が減少したことが主な要因となり同8.4%減の54.5万ozとなる見通しである。自動車触媒用パラジウムの需要増加の主な要因は、欧州、北米、その他の地域において2011年前半に自動車生産量が大幅に回復したことである。
一方、日本では2011年3月に発生した大震災の影響で自動車生産量が減少したが、2011年末までには震災前の生産レベルに回復すると予想される。また、投資用の需要は、欧州及び米国での債務問題が投資家心理に影響し、前年の109.5万oz(約34 t)から2011年はマイナス2.2万oz(約0.7 t)に激減する見通しである。中古品からのパラジウムの回収に関しては、自動車生産量増加に伴う廃車台数の増加、欧州での規制強化による電子機器の回収の増加、及び中国での宝飾品回収の増加が要因となり、同18.6%増の219.5万oz(約68 t)となる見込みである。
 また、2012年のパラジウム需給バランスについては、南アでの生産量増加がロシアの在庫放出量減少に相殺される形となり需給が逼迫し、供給不足に転じると予測した。需要面では、自動車触媒はディーゼル車用触媒の需要増とアジア及び米国での自動車生産量増が要因となり増加、工業用パラジウムは中国での化学産業における生産量能力増強と旺盛な電子機器需要が追い風となり増加すると予想した。
 また、今後6か月間のパラジウム価格に関しては平均650 US$/oz(500~800 US$/oz)と予想した。

表. パラジウム需給(2010、2011年)(単位:千oz)

  2010年 2011年 対前年比(%)
パラジウム供給 7,355 7,420 0.9
パラジウム総需要 9,735 8,890 -8.7
(回収分) 1,850 2,195 18.6
パラジウム純需要 7,885 6,695 -15.1
需給バランス -530 725  
ページトップへ