閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年11月21日 バンクーバー 大北博紀

加:BC州政府、中国及びインドと鉱業分野での協力に合意

 BC州政府は2011年11月11日及び17日、中国及びインドと鉱業分野での協力に合意したと公表した。
 まず中国において、中国国家発展改革委員会(以下NDRC(People’s Republic of China’s National Development and Reform Commission))と鉱業と鉱物分野での二国間貿易と投資への協力に関するMOUに合意した。BC州はカナダで初めてNDRCと合意した州となった。カナダへの中国の投資額は2010年度140億C$で、対前年度比9.3%増となっており、BC州は主要な投資先となっている。
 次にインドにおいて、インド政府と探鉱と鉱業分野での協力に関するMOUに合意した。MOUの概要は、持続可能な資源開発、レベニューシェア、人材育成、地質学者の交換、鉱物保有権、投資、健康と安全、探鉱と鉱業活動に関する政府間の相互協力で、今後BC州とインド政府が鉱物産業に関し、お互い学び合い、相互理解を深め、より強い関係を築くことができると期待される。
 BC州首相Christy Clark氏は、「The BC Jobs Plan」で掲げた中国及びインドを含むアジア太平洋諸国への市場拡大等の促進のため、130を超える企業や団体の代表と共に11月6日から16日にかけて中国及びインドを訪問していた。

ページトップへ