閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年12月12日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:Mineracao Caraibaの銅鉱石生産動向

 Mineração Caraíba社は、Pilar銅鉱山(Bahia州)において鉱山の深部開発を行い、鉱石生産量を現在の650千t/年から900千t/年に増産する計画である。 Pilar鉱山は、坑内採掘を行っており、採掘深度は、現行の‐地表下650 mから‐1,600 mまで下がる。Mineracao Caraiba社は、この他に、Caraiba鉱山(鉱石生産能力1.2百万t/年、坑内採掘)、Surubim鉱山(鉱石生産能力1.6百万t/年、露天採掘)も保有している。これらの鉱山は2010年6月から操業を行っている。またCaraiba鉱石処理施設の硫化鉱の鉱石処理能力は3.5百万t/年、銅換算で30千t、酸化鉱の処理能力は5,000 t/年(地金ベース)ある。
 一方、同社は、Boa Esperancaプロジェクト(Para州)も保有しており、鉱石生産能力は4.2百万t/年で、2014年から生産開始の予定である。同社はこのプロジェクトを、2007年にチリのCODELCOから80百万US$で買い取っている。Mineração Caraíba社は、1994年に民営化されたもので、その後、Aurizônia Empreendimentos社、Anaconda Group LLC <http://www.bnamericas.com/factfile_detail.jsp?idioma=I&sector=0&documento=800536> , (株式保有率28.3%)が保有している。

ページトップへ