閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2011年12月12日 バンクーバー 片山弘行

加:Canada Zinc社、北西準州Prairie Creek亜鉛・鉛・銀プロジェクトの環境承認取得

 Canadian Zinc Corp.(以下、Canadian Zinc社)は、2011年12月9日、北西準州Mackenzie Valley内のプロジェクトに対する環境許認可権を有するMackenzie Valley環境影響調査委員会(Mackenzie Valley Environmental Impact Review Board)から、同社が保有するPrairie Creek亜鉛・鉛・銀プロジェクトの操業に係る承認を取得したと発表した。
 調査委員会は、2011年12月8日にPrairie Creekプロジェクトに関する環境評価及び決定理由に関する報告書を発行し、先住民北方開発大臣宛に提出した。本報告書によると、Prairie Creekプロジェクトは環境に深刻な影響を与える可能性や社会的な懸念を引き起こす可能性が低いとして、包括的な環境審査(Environmental Impact Review)を必要としないとの決定を行っている。本決定を受けて、Prairie Creekプロジェクトは通常の規制プロセスによることとなる。
 Prairie Creek亜鉛・鉛・銀プロジェクトは、1980年代に開発建設に着手されていたものの、銀価格低迷により当時の所有者が倒産したことで、90~95%完成したのち放棄されていた。2007年のNI43-101レポートによると、精測及び概測資源量は580万t、平均品位Zn 10.71%、Pb 9.90%、Cu 0.326%、Ag 161g/tとされており、年間鉱石処理量1,200 t(初期は600 t/年)でマインライフ14年を見込んでいる。

ページトップへ