閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年12月12日 ロンドン 小嶋吉広

ザンビア:ライセンス発給手続きの見直し作業は2012年に終了見込み

 ザンビアでは鉱業ライセンス発給に係る手続き適正化のためライセンスの新規交付、更新、譲渡を2011年10月より一時中断しているが、12月7日付け報道によると、鉱業法における関係条文の見直し作業が終了する2012年まで本措置は継続するとの見通しをSimuusa鉱山・鉱物資源開発大臣が明らかにした。ライセンス発給手続きに係る法制面での不備がBanda前大統領政権での汚職の温床となったとの認識から、Sata大統領は現在、特別の専門家チームによりライセンス発給手続きに係る監査を実施している。
 また現状、ライセンスのコンピューター管理についても不備があり、権限が乱用される恐れがあるため、今回の見直しに併せてコンピューター管理の適正化についても改善に取り組むとのことである。

ページトップへ